「エステ瓦版」全国のエステに関する面白記事のご紹介です!
当サイト「激安まにあ」でしか見られない完全オリジナルコンテンツ!
池袋
激安エステについて考えてみた・

 太郎だ。

今日はエステについて考えてみる。

思うに、最近は抜きオンリーの店より、エステ系の店に行く回数が増えてる気がする。

歳のせいかもしれない。

実際調べてみた。

俺がよく使うサイトに「口コミ○報局」というのがあるのだが、池袋のホテトルが134件に対してエステは104件と何ら遜色がない。

今までのイメージだとエステ店は亜流で、人妻店のようなくくりだったはずだ。

マイノリティ風俗だったはずだ。

なぜこうなったのか。

もちろんエステが市民権を得たからでもある。

が、最近の風俗で遊ぶ人の高齢化を感じる。

昔たくさんいた、若い兄ちゃん率が減ったような気がする。

実際うちに職場でも、若い奴ほど風俗に行かない。

しかも今は、ホテヘル・デリヘルが主流だ。遊ぶのに2時間はかかる。

昔、いい思いをした客がそのまま風俗人口を支えているとおもう。

高齢化も当然といえば当然だ。

そこで体にある程度「ガタ」がきた人におすすめの風俗がエステなのである。

手当と言う言葉がある。

手当とは昔の人はけがをしたり、病気になると手のひらをあてて治していた。

手のひらが温湿布の役目を果たして、血行をよくして患部を治すわけだ。

エステも同じだ。

女の子の手のひらでマッサージされるのは、まさしく「手当」である。

おじさんにうけるのは当たり前なのである。

 

もうすぐ仕事も終わりだ。

 

今日はどこで手当してもらおうかな。

                         太郎